CROOZ TECH BLOG

~読んだらわかるSHOPLISTの裏側~

CROOZ TECH BLOGとはクルーズ株式会社の開発チームが技術について共有するブログです
開発の中での発見や知識を広めてオモシロカッコイイ〇〇をツクリます。

MariaDBのテーブル圧縮の検証を検証した話

こんにちは。クルーズ株式会社CTOの鈴木です。

今回は「SHOPLISTの脱レガシ―システム」の5回目「脱レガシーシステム⑤(DB容量を1.6TB⇒1.1TBに減らした話)」で話した InnoDBのテーブル圧縮の検証についての話です。

続きを読む

脱レガシーシステム⑤(DB容量を1.6TB⇒1.1TBに減らした話)

こんにちは。クルーズ株式会社CTOの鈴木です。

SHOPLISTの脱レガシーシステム」の記事も5回目となりました。 

今回はDBインスタンスのリプレイスの障壁となりそうなDBのテーブル容量を減らす話です。

続きを読む

SHOPLISTの脱レガシーシステム④(ローカル開発環境の構築を効率化した話)

こんにちは。クルーズ株式会社の鈴木です。

SHOPLISTの脱レガシーシステム」の記事も4回目となりました。

私の所属する技術統括部の担当業務の一つに各開発部に所属するエンジニアに対する技術支援があり、その中でもローカル開発環境は昔から問い合わせが多く悩みの種でした。

今回は、インフラ構築のコード化の恩恵として、ローカル開発環境の構築ができたという話を共有していこうと思います。

続きを読む

SHOPLISTの脱レガシーシステム③(OS/ミドルウェアのバージョンアップを計画した話)

こんにちは。クルーズ株式会社CTOの鈴木です。

 

以前のエントリー「SHOPLISTのシステムをモダンなアーキテクチャに変えようとしたら予想以上に闇が深かった話 」でも書いたのですが、現行のSHOPLISTにおけるOSやミドルウェアがとにかく古い状態でした。

今回はOSミドルウェアをバージョンアップした話について共有していこうと思います。

続きを読む

SHOPLISTの脱レガシーシステム②(AWS のインフラアーキテクチャを見直した話)

こんにちは。クルーズ株式会社CTOの鈴木です。

今回はSHOPLISTにおけるAWS のインフラアーキテクチャを見直した話です。

以前、「SHOPLISTのシステムをモダンなアーキテクチャに変えようとしたら予想以上に闇が深かった話」でも記載のとおり、SHOPLISTのインフラ環境はオンプレミスの環境を2014にクラウド移行したものなのですが、当時は時間的な制約や、十分にAWSに関する知見なさなどにより、オンプレ環境をとりあえずクラウドに移行した状態で、その後ElastiCache やlambda、API GatewayといったEC2以外のサービスも徐々に導入しているものの、基本的には物理機器が「仮想サーバ」と「仮想ネットワーク」に置き換わっているような状況でした。

今回OS・PHPのバージョンアップに合わせて、インフラ設計の見直しを行っており具体的にどのような変更を行っていったかについて共有していこうと思います。

続きを読む

SHOPLISTの脱レガシーシステム①(何からどう進めるか問題)

こんにちは。クルーズ株式会社CTOの鈴木です。

前回の投稿「SHOPLISTのシステムをモダンなアーキテクチャに変えようとしたら予想以上に闇が深かった話」の続きです。

レガシーシステム脱却のため、まずはリファクタリングでできる限りのことをする。という話なのですが、これは方針を決めたにすぎません。

今回は、SHOPLISTにおいてレガシーシステム脱却のためにどのような計画を立てて、何からどのように進めていたかについて共有していこうと思います。

続きを読む

SHOPLISTのシステムをモダンなアーキテクチャに変えようとしたら予想以上に闇が深かった話

こんにちは。クルーズ株式会社CTOの鈴木です。

2020年の7月よりCROOZ SHOPLIST株式会社の技術統括部長を兼務しており、日々システムと開発組織の業務改善に現場のエンジニアとともに取り組んでおります。

今回当社が運営しているファッションECサイト『SHOPLIST.com by CROOZ』にて絶賛格闘中のシステム品質改善の話を数回に分けてお話ししたいと思います。

続きを読む